読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフ・イズ・カルアミルク

本当のライフハックを教えてやる

雑記

近況報告(もぐらゲームス&稀風社に寄稿しました)

近況報告を2件ほど。 1つ目。バカゲーのレビューを寄稿しました。 バカゲー界の鬼才、復活… ―オンラインACTゲーム「プロフェッショナル警察」 このゲームは人生です。本当におすすめ。 ところで今回寄稿したもぐらゲームス発起人のNoah(のあP)さんとの出…

noteはじめました

さっそく悪ふざけしました。 「情田熱彦の命(射精管理権)を売ります」 https://note.mu/johnetsu/n/nf371c94e2179 ※元ネタ「佐々木あららの命を売ります」 https://note.mu/sasakiarara/n/n689ed9798226 ゲラゲラ笑いながら改変してたんですけど、やってる…

地元に帰ったよ日記

正月は地元に帰った。 家にいてもすることがなく、昔通った小学校の通学路を歩いた。 昔通っていた小学校は「集団登校」なる制度を実施していて、近所の子どもたち10名ほどが男女別の通学班でかたまって登校した。朝の7時半に集合する場所は雑草が伸び放…

上司の前で innocent world を熱唱した話

やらかした話をします。けっこう前の話なんだけど。 先日、営業部の先輩諸氏とのたのしい懇親会に参加しまして、それはそれで問題が勃発してたんですけど、それはともかく、生きて一次会を終えまして、二次会は上司5人と場末のスナックへ繰り出した。一番若…

「風立ちぬ」で宮崎駿は大人になった

宮崎駿、引退ということで。 「この世は生きるに値するんだ」宮崎駿監督、引退会見全文http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1309/06/news133.html 「風立ちぬ」は巷の評、特に評論家のそれを読むと「『美しいものを表現したい!』という芸術家としての宮…

「100→1」の文章術がインターネットをクソにした話(および業務報告)

文章術の話は後述。 現在の自分は、新入社員として1年間やってきたことの報告レポートを連休明けに提出せよ、と人事部から言われていて、まあ本来は先月末が提出期限だったので、いいかげん書かねばならない。のだけど、書く気、起きなッシングですね。 も…

コミュニケーション取ってるやつみんなF-1レーサー

酒が入ると短歌とか文章がポコポコ浮かぶあのマインド、まあ出来の良い悪いは別にして「とりあえずこれで良し!」と提出できるマインド、どういうことだよ。そう思いませんか。思ってるの俺だけか。 言葉ってのはバラバラで、何ひとつつながってない。これは…

2月14日はふんどしの日

2月14日。平日。 出社後、俺の目の前の席の一般職の元ラグビー部の彼氏のいる女の子の義理チョコのプレゼントを期待するも、何もなし。ついでに会話もなかった。今日一日。正直、俺の目の前の席の一般職の元ラグビー部の彼氏のいる女の子はめちゃくちゃか…

空白を埋めよ

5:30 起床。 2時間電車に揺られ、作業着に着替え、作業をした。退屈といえば退屈だが、耐えられないほど不快でもなく、1時間、2時間と時間は過ぎた。何をしても、しなくても、時間は過ぎる、ということを何度も思う。 小さいころ、目をつぶっていれば時間…

直線思考と水平思考について

原稿の用意もなしにいきなりまとまった、筋立った話ができる人、いるじゃないですか。世の中には。あれ、なんなんだろう。 話は飛んで俺はもっとカジュアルにブログを更新したく思っており、30分程度で推敲もせずタタタンッと書ききってしまえばいいのだけ…

「寒い季節の楽しみ方」

はてなブログに『今週のお題 』なる機能(http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/odai)がついたそうなので、便乗して久しぶりに何か書こうかな、書きます。お題は『寒い季節の楽しみ方』。 でいきなりお題いじりかよ、という声は聞かないことにして言わせて…

『ねらわれた学園』を観てきた

『ねらわれた学園』いまさら観てきた。ヒロインがめちゃくちゃかわいかった。神。 …昔はもっと、感想を練って練って書きたいと思ってたと思うのだけど、最近はもうなんでもいいや、俺が感想書くことに意味あるんか、と思ってしまって、俺の話はいいからとに…

言葉が意味を持ってるって説は

上司と話してるときによく思うのだけど、たとえば言葉に意味がまったく無くなったとする。何を言っても意味がまったく伝わらない。意思疎通ができない。そうなったときに、じゃあ俺と上司はどういうコミュニケーションを取るのか。ってなると答えは単純で、…

つじつま合わせに生まれた僕等

同期と焼き鳥を食いつつ話したのが、同期曰く「iPS細胞の技術が発達して人間がいくらでも生き返るようになったら、人間の死生観が変わって殺人もひとつの個性として認められるようになるはず。酒鬼薔薇聖斗だってひとつの個性として認められるし、それは彼に…

記号論とか再考

気づいたら2ヶ月も更新してなかった。原点に戻ってクソブログっぽい文章書きます。だいたいはてなブログみたいなサービスに時間かけて記事書いちゃダメだ。 突然だけど記号論とか消費社会論とか、昔流行ったらしい(俺はリアルタイムで知らない)けど、最近…

みんな生きよう、という話

最近はツイートもブログ更新も捗らなくてみなさんから心配されてる向きもあるようなないようなだけど、元気にやってます。直属の上司からは仕事ぶり・営業トークも褒められてるし、俺はやっぱり営業の才能あるんじゃないか。ツキも向いてる。つい先日は、会…

小川を見続ける人間を保護せよ(雑記)

某月某日。出社。 オフィスに着くも、直属の上司が出張でおらず、特にすることもなくデスクに座りパソコンをいじりながらぼーっとする。「窓際族は自分の席に座ってりゃ給料がもらえるし、楽でいいではないか」と考える人は多いのだろうし、実際俺もずっとそ…

「自己責任」という虚構

6月某日。休日。休日を利用して洗濯をした。洗濯機から洗ったズボンを取り出すとポケットのあたりが妙に重く、手をつっこんでみると、しわしわのほぼ日手帳が出てきた。絶望。 まあこんなことは俺の人生今までに何度でもあって、自転車のカギも家のカギも、…

言葉の遅さなど

6月某日。メンヘラの某氏と救いについて話しているとき俺は先方に「結局、自分で自分を救うしかないんだ」と言いそうになって、そんなバカな、そんな酷いことがあるのか、と思い直して言うことをやめた。「結局、自分で自分を救うしかない」とは一見正論の…

言葉が薄っぺらい人

「現在使用されている日本語の標準語はその成り立ちからしてまったくの人工言語であり、標準語を使用する限りその人工的な思考の枠組みから外へ出ることはできない」という趣旨の文章を以前読んだときは、へぇ確かにそう言われればそうかもな、程度に思って…

「尊敬」と「リスペクト」

尊敬する人間っていないなー、という話をしたい。 たとえば俺は自分の父親のことはそれなりに好きだし、いてくれて本当によかったなと思うけど、「俺は父親を尊敬している」というフレーズをつくるのはどうしても違和感がある。またたとえば、俺は高校生のこ…

新居雑感

基本的にハングリー精神に欠けているので、真剣にやらなければいけないときは、メシを抜きます。 じょーねつです。 引越しました(彩の国に) 日記代わりに新居についての感想書きま~す。 ・なぜかネタにされる彩の国だけど、今まで住んでいたのが昭島市と…

雑記2

ここ最近、この時間帯(20時ごろ~寝る前)になると、iphoneを切って外界と連絡を断ち、部屋で読書したり文章書いたりすることが増えた。外から連絡が飛んでくるのが煩わしい、というか、余計なことを考えたくないからなのだけど、なんなんだろう。「ソー…

人生はスーパーマリオである

呼吸が浅い。 卒論を出し終わって以降くらいからか、空気を深く吸い込めていない気がする。 「呼吸が浅いと考えも浅くなる」といった比喩が俺は大嫌いなのだけど、それでも要はそういうことで、いま考えの浅い人間になると先が真っ暗になる。ので、呼吸に気…

はじめまして

オナホマンだよー!オナナナナー!!!