読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフ・イズ・カルアミルク

本当のライフハックを教えてやる

新居雑感

雑記

基本的にハングリー精神に欠けているので、真剣にやらなければいけないときは、メシを抜きます。

じょーねつです。

 

引越しました(彩の国に)

 

日記代わりに新居についての感想書きま~す。

・なぜかネタにされる彩の国だけど、今まで住んでいたのが昭島市という東京の大ハズレ ーわれわれ多摩地区一派の中でも最弱ー みたいな土地だったので、それに比べたら都心へのアクセスもよく出世感ある。治安は悪いけど。

・部屋について「クソ狭いクソ狭い」とツイッターでグチグチ言ってたけど、いざ整理してみるとなかなか広い気がしてきた。ゆうても前の部屋の3分の2くらいの広さしかないし、天井も相当に低いのだけど、むしろこのくらい狭いほうが俺は落ち着くかもしれない。いろいろとモノを捨てたのが大きいな。ものを買うときより捨てるときのほうが気持ちいい断舎離系男子(童貞を捨てるのはNO)。

・人が落ちると確実に死ぬ高さの場所に住むのは今回がはじめて(前は1階だった)。ベランダから下を見下ろしてみると、なんだか寒気がして、ここは扉一枚で死とつながってるんだなと思うとどこでもドアどころの騒ぎではない。このくらいの高さに王様や殿様ではないふつーの人が住むようになったのって、考えてみればかなり最近の現象で、人間のDNAにはそういうとこに平気で住める性質ってまだ染みこんでないんじゃないか。試みにベランダから1cm四方くらいの紙切れを落とすと、ひらひらと風に流され、時間をかけてコンクリートに着地して、へぇ~、すごいな~、って感じたんだけど、子どもか俺は。

・隣人にあいさつした。どうも行く気にならなかったものの、重たい気持ちを無理やり鼓舞しながら、身なりを整えしっかり発声練習をして、頑張ってあいさつしました。会社では営業をやります。

・平日の昼は30分10¥のカラオケ屋を発見。神か。

・駅前のたいやき屋のたいやきがうまい。皮はパリパリ、あんは甘すぎず、しっぽまでぎっしり入っていてすばらしい。この街で生きていける気がしたよ。

 

…という感じ。なかなか悪くないです。というか神。

また近くに来たときは、ぜひ遊びに来てください。隣にラブホもあることだし(しかも激安)。

広告を非表示にする