読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフ・イズ・カルアミルク

本当のライフハックを教えてやる

社畜日記その7

日記

8月某日。平日。

朝から営業先へ。外。炎天下で雑用。最高気温35度。

昼前、客先の簡易トイレを壊す。俺が何をしたというのだ。

 

昼過ぎ。

トイレ未だ直らず。

トイレから出る際、カギをかけたままドアをバタンと閉めたら閉まってしまった。ドア、外から開かず。

結局、直す手段も思いつかないため業者に連絡してもらうことになる。泣きそうになる。

 

14時過ぎ。遅いランチ。

セブンイレブンの幕の内弁当を車の中で上司と食べる。

上司、おにぎり1つしか食わず。俺が4分の1も食べていない段階で上司の昼食が終わり、焦る。

早く昼飯を食べなければいけない。

極度のプレッシャーのせいで、エビフライのしっぽが歯に挟まる。

 

ランチ終了。上司と客先を回る。

お客さんと上司が何を話しているのかよくわからないので、へらへら笑っておく。

時々、変なタイミングで笑ってしまう。へらへら笑うのも難しい。

 

19時頃、帰宅。

毎朝、駅前のタバコ屋で見かける老けたポパイみたいな顔のおじさんが、パチ屋で店員に絡んでいた。

どうやって生きてるのだろう。

 

晩飯。先週末に作って冷凍しておいたグリーンカレーと冷凍しておいたメシと冷奴。全部うまい。一生食っていける。

 

風呂入って読書。「女中の臀(英題:Spanking the maid)」という小説を半分くらい読む。メイドの尻をスパンキングする小説。頭がおかしい。

最近、集中して本を読めなくて、頭を使わないで読める本しか読んでいない。つい先日は、ブックオフで二次元ドリーム文庫のエロライトノベルを適当に買い込み、適当に読み散らかしてゲラゲラ笑った。文章が下手なエロ小説って何でこんなにおもしろいんだろう。「自由はここにある!」という気がする。俺は自由になりたい。クソくだらないエロ小説みたいに。

広告を非表示にする