読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフ・イズ・カルアミルク

本当のライフハックを教えてやる

親知らずと労働

日記

2月某日。休日。

 

2日前から右下奥の親知らずが痛むので歯科へ。

日曜でも診療している歯科を探すと、ちょうど近所に先月オープンしたばかりの歯科が、日曜も診療をしてくれるらしい。ついこの間、若い女の子と着ぐるみのコンビが病院の前で熱心にティッシュ配りをしていた。歯医者ってそんな営業努力する商売だっけか。平日は20時まで、土日祝も夜まで診療をしているらしく、いま歯医者は儲からないと聞いていたけど本当かもなと思った。

HPではタコ坊主みたいな院長の顔が掲載されていたけど、俺を診察したのは若い男の医師だった。タコ坊主は日曜と水曜がお休みらしい。週休2日。この歯科に3連休は存在しなかったんだな…。

 

口腔内のレントゲン写真を俺に見せながら医者が説明してくれたのは次のとおりだった。「あなたの右下奥の親知らずはややこしい形で生えているため、歯と歯の間で炎症を起こしているが、それはあなたの右上奥の親知らずにも責任の一端がある。というのも、見ての通りあなたの右上奥の親知らずの先は鋭角にとがっているため、先端がこの隙間に入って噛み込んでしまい、炎症をひどくしている。よってまず、悪事を働く右上奥の親知らずを抜歯し、しかる後に右下奥の親知らずを抜歯する、という手続きを踏みたいが構わないか」とのことで、俺は当初、理解が追いつかず、えっ、なんで右下の親知らずの話してるのに右上の話が出てくるの? いま話題にしてるのは、右下の親知らずのことじゃないの?と、しばらく狼狽してしまった。

 

だってそうじゃないですか。右下の親知らずを抜くことになるかもな、と覚悟して病院に来たのに、はい右上の親知らずを抜きましょう、って言われても、心の準備ができていないし、俺はまだ24歳だし、そんなポコポコ歯を抜くわけにはいかない。というか、上側にも親知らずがあるという話が初耳だったので、面食らってしまった。実はお前には血の繋がっていない妹がいる。それも2人。と急に打ち明けられるようなものだ。親知らずって4本もあるのか。妹に例えたら、妹が4人もいることになるのか…。

 

で、そんな感じでしばらく黙っていると、「まあ急な話なので心の準備もできてないでしょうし、今日はやめときますかね…」と医者がエスパーみたいなことを言い出した。エスパーなのか。

俺は医者に疑り深い眼差しを向けると「あ、じゃあ、まあ……」ときっぱりと治療の延期を伝えた。結局その日は、他に見つかった虫歯一本の治療をして診察が終わった。親知らずはそのまま。パワプロではあれほど親知らずをポコポコ抜いてパワー+5して喜んでいた男が、自分のこととなるとこうなのだ…。*1

 

現在の腫れは抗生剤を飲めば自然に治るということだったので、薬局で処方してもらうことに。

抗生剤のシステム、いまだによくわかっていない。雑菌の繁殖を抑えるため患部にマキロンを塗る、なら理解できるけれども、なんで錠剤を飲むんだ。よくわからない。薬局に行ったら行ったで薬剤師が「ジェネリック薬品の処方をご希望ですか」とさらっと俺に聞いてきて、へっ、と聞き返してしまった。いやジェネリックの意味は知ってたけど、知ってる前提でいきなり聞いてくるものとは思わなかった。ジェネリックって、そんな一般的なんですかね。CMのせいで、名称だけ黒柳徹子の声で再生されるけど。

 

世の中、俺の知らないシステムで動きすぎである。

昔は病気だって、狐憑きがどうこうとかいうオカルト話で説明されていたわけで、それは現代から見たらバカバカしいけど、受け手側もそのシステムは飲み込めたもんな。狐が悪さをするっていう、わかりやすい物語。

いまホメオパシーみたいな代替医療が流行ってる理由も、これだと思う。ホメオパシーがどれほど有効なのか、あるいはバカげているのか、俺はまったく知らないけれど、そういうものに傾倒したくなる心情はわかる。わかるなあ。親知らずが痛むほどわかる。親知らず程度の軽傷ならまだしも、難病・奇病に苦しむ人は、病気自体の苦しみよりも、自分を取り巻く環境の意味不明さ、自分がシステムから疎外されてる感じが、苦しいんだろうな。

でこれ、労働も同じじゃないですか。労働条件どうこう以前に、自分が参与しているシステムの仕組みが把握できない、だから自分のしている仕事が何に繋がっているのかわからない、だから苦しい。ね。まったく同じだ。マルクスってだいたいこんなことを言ったのだと思うけど、どうなんですかね。団塊世代の方に教えていただきたい。というかあの人たち、本当に共産党宣言してたんだろうか。たった(?)4,50年前のことなのに、全然わからないですね。歴史が断絶してる。

 

そんなこんなで、3連休も明日でラストになってしまった。親知らずを治しに行っただけなのに、まさか労働について考えさせられてしまうとは……。明日はゆっくり休んで、気分を切り替えよう。

 

そしてまた、意味のわからない労働に勤しむぞー!!!

 

 

 

追記:親知らずの痛みは14日には引くそうなので、お菓子のほうどうぞよろしくお願いします。

http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/3DBFQMQQ7KTDQ

 

*1:高度に発達したゲーム脳は親知らずもポコポコ抜くのかもしれない

広告を非表示にする