読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフ・イズ・カルアミルク

本当のライフハックを教えてやる

株式会社を退職しました。

各位

 

お疲れ様です。

国内営業部の情熱です。

 

7月中に無職となることになりました。やー。めでたい。あと1ヶ月続けてれば夏のボーナス出たんですけど、我慢できなくてやめた。何考えてるんでしょうね。「ボーナス目前にしてやめるって、おもしろいな…」とでも思ってたんでしょうね。でもちょっとおもしろいな。

 

ということで会社やめます。理由を話すと長くなるので、また機会があれば詳しく書きますが、端的にまとめると全部嫌になりました。

直属の上司には「限界です。やめます」ってきっぱり言ったんですけど、人事権を掌握する営業本部長(大ボス的なアレ)は出張中だったため来週、大ボスとバトルする流れになります。ボス、俺のそれ(退職)が気に食わないらしい。何言われても、退職願押し付けますけど。テメーのアンパンマンみてえな鼻っ面にな!*1

 

しかし直属の上司(中ボス的なアレ)には以前から「やめたいです」と一本80円の焼き鳥をつまみながら話したりして、それなりに理解も得ていたはずだったのだけど、いざ「やめます」と話すとぽかんと口開けて「お前の言ってることはむちゃくちゃやぞ…」なんて言うもんだから、わかんないもんですね。人間は。むちゃくちゃって言うなら、こうして上司と話す前に、朝からトイレでジンをぐいっと入れてきた俺のほうがむちゃくちゃな気がしなくもないです。 というか、もしかしてそういう俺の全体がむちゃくちゃだって言ってたのか…? 

 

上司曰く「会社には人材を育てるちゃんとした計画があって、ウチみたいな少数精鋭でやってるところは、一人抜けられるだけで困る」「病気でも家族の都合でもなく自己都合でやめられるのは組織上問題だ」「お前の思考はよくわからない」などなど(最後のやつは同情しますけど)言われてしまい、そういう言葉が出てくるってことは、やっぱりウチは旧い会社だったんだな、と、まあその旧いところについて行けないと感じたから、やめたんですけど。にしても、本当に旧い。

 

だいたい「一人抜けられるだけで困る」って、それ言ったら年を重ねるごとにますます抜けづらくなるじゃないですか!いつやめるんですか!w って、急にテンションが上がって上司をノリノリでディスってしまったのは俺の悪いところで、このあたりが致命的にサラリーマンに向いてなかったですね。基本的に上司を上司と思ってない。のに「このヒトは上司だ…このヒトは上司だ…」と自分に言い聞かせ続け、結局破綻した1年でした。最後まで俺と噛み合わなかった、トラディショナルなビッグカンパニー。

 

あとは「自己都合でやめられるのは組織上問題」って上司の管理者責任?みたいな話だと思うんですけど、んなこと言ってもやめるヤツはやめるし、入社当時から「半年もつかわかんないから…」と半年分購入すべき定期券を3ヶ月分ずつしか買わなかった俺を管理できなかった上司の責任、ない。ないです。

というかそうやって黄門様の印籠みたく「責任」を持ち出し、犯人を探して裁きを下す、まんま学級会の延長みたいなシステム、それに組み込まれるのが怖くなったから、会社(=システム)から抜け出したわけで、つまりそれは「会社のすべてが嫌になった」と言っても過言ではないですね。弊社のようにすっかり枯れた企業は、システムが全てになってる。こうなると舵の壊れた船みたいなもんで、どうしようもないですね。船員は流れに身を任せるか、海に飛び込むしかない。ということを、身を持って学んだ1年でした。やー、もう会社勤めはいいや…。

 

そういうわけで、とにかくいろんなとこで会社と噛み合わなかったのが、退職の理由かなと思います。 自分のどんなところが、なぜ会社と噛み合わないのか。幸いにして俺は天才なので1年で理解して見切りつけたんですけど、それ(俺は天才)がわかっただけでも、会社勤めした価値はあったな。これまでの24年間、完全に正解の道歩んでます。人生が順調すぎる。

 

今後の進路について。

先のことを考えるといつもめんどくさくなるので、あまり考えてないんですけど、今は「大学院行こうかな」という気分(気分)です。会社勤めしてからというもの社会の不条理を味わわさせていただく機会には事欠かず「どうして世界はこんなひどいことになってるんだ…?」という問いが日々、頭をもたげてですね、おかげで本読むのが、めちゃくちゃおもしろい。会社から帰ってきて日本酒煽りながら読む学術書が、ことごとくおもしろい。いっぺん会社勤めしてよかったなと思います。大学生の時分、こんな真剣に本読んだことなかったもんな。サラリーマン時代の貴重な経験を生かして、学部からストレートに院進したやつにはわからない大人の味、ビターな学問を俺ならできる気がします。何も考えてないんですけど。

 

ということで院進、考えてまして、具体的に言えば「人間を死なせないための学部」に歩を進みたく、目下受験勉強してるところであります。せっかく会社やめたのに9月には入試があったりして、あんまりゆっくりする隙がないんですわな。よろしくお願いします。

並行してツイッター、およびこちらのブログも、ぼちぼちと更新していきたいなと思います。おもに読書記録とか。受験終わるまでは、あんまり更新できないかもですが。

 

まあ、とりあえずまだ1ヶ月くらいは働くんでね、とりあえずもうちょっと、がんばりたいと思います。退職を祝ってくださった皆様、ありがとうございました。皆々様にも良い退職の機会が訪れますことを、心よりお祈り申し上げ、挨拶と代えさせていただきたく思います。ピース。

*1:同期ウケを狙っています